ブログ

通行制限とは?

通行制限とは?

一般的制限値以下の車両であっても、橋、高架道路、トンネルなど、車両の重量、高さで

制限値が決められているときは、これを超えて通行してはいけません。

 

道路標識に示されている制限重量を超える車両を通行させたいときは、特殊車両と同様、

道路管理者の通行許可が必要です。

 

そのほかに通行が制限される場合は?

  1. 道路が危険な状態にあるとき

道路が水浸しになったような場合、道路を損傷から守るために車両の総重量、輪重、輪荷重の制限が定められます。

2.カタピラを有する車両の通行制限

ブルドーザーや除雪車などカタピラを有する車両は、以下の場合を除き舗装道路を通行できません。

カタピラの構造が路面を傷つけない場合

道路の除雪

路面に鉄板や板を敷いた場合

3.路肩の通行制限

道路の両側の帯状の部分を路肩といい、故障車が退避したり余裕幅として設定されています。

道路部分よりも弱い構造になっていますので、路肩走行は原則禁止です。

関連記事

ページ上部へ戻る