ブログ

車両制限の原則と例外とは?

道路法に基づく車両制限とは?

道路の構造と交通の安全を守るため、道路法は一定の規格を超えた車両の通行を禁止しています。

 

特殊車両通行許可制度とは?

車両の構造や積載物を審査し、やむを得ないと認めた場合に限り、道路の保全や交通安全に必要な条件付きで道路管理者が法定の大きさ・重量制限を超えた車両の通行を特別に許可する制度です。

 

例えば、通行時間帯を交通量の少ない夜間に指定する、橋を渡るときは徐行する等、超過した重量により道路や構造物が損傷するのを防ぐための条件をつけます。

 

特殊車両の例

 

道路法だけじゃない車両の制限

道路法以外にも、道路交通法、道路運送車両法にも車両制限の規定があります。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る