ブログ

会社設立にかかる費用は?

会社を作るにはいくらかかるの?

 

現在設立できる会社は4種類です。

 

株式会社

合同会社

合資会社

合名会社

 

合資会社と合名会社は、出資者が無限責任を負うことや法人としての信用度が低いこと等の理由から、少数派です。

 

ここでは一般的な株式会社と合同会社について設立費用を比較していきます。

 

株式会社と合同会社 設立費用比較

 

株式会社と合同会社では、定款の認証の要否と登録免許税の金額の2点が違います。

 

株式会社 合同会社
定款に貼る収入印紙

(電子定款の場合不要)

40,000円 40,000円
定款認証(公証役場) 50,000円 0円
定款の謄本手数料※ 約2,000円 0円
登録免許税(法務局) 150,000円 60,000円
合 計 約20~24万円 6万円~10万円

 

※紙定款の場合

250円x枚数

電子定款の場合

電磁的記録の保存手数料300円+謄本1通につき同一情報の提供手数料700円+20円x枚数

謄本1通につき約1,000円です。

 

公証役場で定款認証した場合、通常は定款の謄本を2通取得します。

1通は法務局へ提出、もう1通は会社で保管します。

定款の謄本は、銀行口座開設等の際に提出を求められることがありますので、

大切に保管して下さい。

 

電子定款については、もしすでに以下のものをお持ちであれば、自分で申請することもできます。

 

  • Adobe Acrobat(有料版)などの電子署名ができるソフトウェア
  • ICカードリーダー
  • マイナンバーカード

わざわざ改めて購入するとなると、印紙代4万円とほぼ変わらなくなります。

 

「定款ひな形」と検索すると、インターネット上でご自分の会社の形態に合った定款のフォームがみつかります。

是非一度チェックしてみてください。

 

定款は間違いのないように作成することが大切です。

株式会社の場合には、公証役場の認証がありますので、その前にファックスやメールで公証人に誤記等のチェックをしてもらうとよいでしょう。

会社設立後、許認可の必要な業務を行う場合には、定款の業務内容に記載する内容をあらかじめ調べておく必要があります。

許認可に詳しい行政書士に定款作成を依頼されることをお勧めします。

2.資本金っていくら必要?

 

株式会社と合同会社、どちらも資本金1円から設立できます。

実際には資本金300万円程度で設立する会社が多いようです。

あまりに少ない金額ですと、銀行口座開設や融資を断られたりと、信用度が低く見られてしまいます。

事業内容や事業計画により、よく考えて資本金額を決めましょう。

 

資本金は現物出資することもできます。

現金がない場合でも、例えば車両や備品などの物品を資本金として出資できます。

ただし、外国人で経営管理ビザを取得したい場合、資本金額は500万円以上にしてください。

 

そのほかにかかる費用は?

 

法人の印鑑を作る必要があります。

 

会社の代表者印

会社の銀行印

角印

 

上記3点が主なところです。

材質やデザインにもよりますが、ネット検索すると安いものでは3本セットで5,000円前後から購入できるようです。

 

取り急ぎ会社設立時に必要なのは、会社の代表者印だけです。

会社の登記の際に申請書に押印します。

会社の実印といわれるもので、会社登記後に印鑑証明書にはこの印影が証明書に印刷されます。

 

そのほかに事務所を借りる費用や改装費用、設備投資など業種により初期費用は異なります。

 

スタートアップは考えること、やることがたくさんありますので、本業に専念してください。

会社設立の手続きは専門家にお任せください。(お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る