特殊車両通行許可申請

特殊車両通行許可申請の流れとは?

道路を守るために、一定の大きさや重量を超える特殊車両の通行は許可制となっています。

特殊車両通行許可申請の流れについてお知らせします。

 

申請に必要な情報は?

申請書類作成の前に、お客様にご用意いただく書類は以下の通りです。

  • 1.出発地・目的地の住所及び地図→車両の出入りする方向を地図にご記入ください
  • 2.現場の件名・通行開始日がわかる書類
  • 3.車検証→牽引車・被牽引車、両方必要
  • 4.積載物に関する書類→内容、重量、寸法
  • 5.委任状(代理人に委任される場合)

申請書作成に必要な情報は以下の通りです。

  • 申請先道路管理者
  • 申請者情報(会社名、代表者名等)
  • 通行開始日、通行終了日
  • 最小回転半径
  • 実車・空車同一申請の設定(往路:積載貨物あり・復路:積載貨物無しの場合、往復申請)
  • 事業区分・車種区分・車両種別・車軸種類・車名・車両番号・陸運支局名
  • 積載貨物明細(寸法・品名)
  • 基本通行条件(高さ・長さ・重量)
  • 申請車両の自重・寸法・積載物重量・各軸の軸間距離・荷重点
  • 包括申請の場合、車両番号・車両諸元複数必要
  • 各車両の諸元(トラック・トラクタまたはトレーラ)
  • 包括申請の場合、複数車軸の諸元必要
  • 経路(大型車誘導区間対象申請かどうか)
  • 交差点番号・不連続区間確認
  • 未収録区間確認(路線名称などを特定))
  • 通行経路ごとの通行区分(片道・往復)
  • 有料区間箇所の有無
  • 通行経路数
  • 通行経路図面

許可の有効期間は?

事業区分と車両寸法・重量、通行開始日により異なります。

事業区分 通行期間
路線 2年
区域 2年

ただし所定の寸法を超える諸元の車両の場合は1年

その他A
その他B 必要日数(1年以内)

 

お申込みから許可取得までの流れ

お問合せ・ご相談

ご契約・手付金お振込み

必要書類ご送付・ご返信

申請

許可証・請求書のお渡し

残金お振込み

 

料金表

 

オンライン申請 新規・更新(変更あり) 13,000円+消費税
更新(変更なし)  8,000円+消費税
変更  8,000円+消費税
窓口申請 書類作成費用 23,000円+消費税
書類提出出張費 別途申し受けます
オプション 経路追加(3経路目以降1経路につき)  2,000円+消費税
複数台数申請(2台以上申請の場合1台につき)  4,000円+消費税

 

別途行政庁の申請手数料(実費)がかかります。

申請車両台数×申請経路数×200円

オンライン申請の場合、お客様のお手元に届く納付書でお支払いください。

当方で立替払した場合には、後日ご請求いたします。

 

特殊車両通行許可申請のご相談はこちらから

 

ページ上部へ戻る