代表者紹介

あなたのバックオフィスー本業に専念してください

 

行政書士 佐藤 容子

経営理念

 

事業の継続発展のため許認可を必要とする企業や個人事業主の方の申請手続きを代行することにより、

安心して本業に専念いただくという価値を提供する

行政書士の業務範囲にこだわらず、お客様の利益になる情報を惜しみなく提供する

・お客様の時間と労力を極力省きます

・誠実でスピード感のある仕事をし、結果にこだわります

・お客様のご希望の手段により、経過等を随時ご報告いたします

・お客様のお役に立つ情報をご提供します

行政書士としてのスタンス

お客様が行政書士にお仕事を依頼されるのは、事業に必要な許認可を取りたい等、人生において重要な節目にあたることが多いと思います。

そのお手伝いをさせていただく責任ある仕事、それが行政書士です。

お客様や行政の立場になって考え、行動し、信頼を得る人間力も問われます。

「お客様・行政機関・行政書士、三方よし」をモットーとし、日々克己鍛錬してまいります。

行政書士って何する人?

他士業は、かっちり決まった法定独占業務の範囲の中でサービスを提供します。

その多くはすでに発生した過去の出来事についての事後処理です。

弁護士 争いごと

税理士 税務処理

社会保険労務士 社会保険手続き・労務関係

司法書士 登記

行政書士は、他士業の法定独占業務以外を担当する、というファジーで広範囲な

業務が許された士業であり、その専門分野もまちまちで、一般の方からはなにが

できる人なのかわかりにくいのが特長です。

他士業が過去に起こったことを証明するのに対し、行政書士業はこれから起こる

ことについて必要な許認可を取得する、あるいは争いごとを事前に防ぐための対策

として、遺言書や契約書を作成する、等の主に未来に備えるための業務を行います。

民泊やドローン等、法改正により新しい業務が生まれるのも魅力的です。

法令の趣旨に立ち返り、行政とともに許可基準を確認・構築していく創造性や発展性

が面白くもあり、常に勉強を続けなければならないという意味でもあります。

士業の中では最新の動向に敏感で、一般企業の感覚に近いのが行政書士かもしれません。

結論から言えば、だれに相談したらいいかよくわからないことは、まずは“よろずや”、

行政書士にお問い合わせください。

代表者プロフィール

東京都新宿区生まれ

中学2年まで仙台市で育つ

東京都立神代高等学校卒業

東京女子大学卒業

大学推薦で対中貿易商社に入社

中国語と貿易事務を武器に、大小様々な商社・メーカーに勤務

日本電産株式会社(正社員)、株式会社ソーテック(正社員)、

三井物産株式会社(派遣社員)、他に在籍

プラント制御設備、HDD、PCからコネクター、海藻、アウトドアウェアまで幅広い商品を世界約20か国と取引、

約15年間にわたり貿易事務・営業事務を経験

職場で知り合った韓国人男性と結婚、一女をもうける

出産後も貿易事務の仕事を続けていたが、子育てと両立できる働き方を模索し、行政書士という資格を知り、

行政書士事務所で2年ほど補助者勤務後、開業。

慎重に調査し、逆算思考で計画を立て、素早く行動する実行力と結果にこだわり柔軟かつ粘り強く取り組むしなやかな精神力が特長。

 

座右の銘:水は低きに流れ、人は高きに上る(大学の恩師の言葉)

GIVE! GIVE! GIVE!

 

 

どんな人でも自分一人では解決できないことはあります。

自分でできないことは、信頼できるパートナーをご紹介し、お客様の問題解決のために

尽力いたしますので、一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る