ブログ

  1. 「特定技能1号」に変更予定の在留外国人に「特定活動(就労可)」付与の特例措置

    対象者「技能実習2号」「技能実習3号」「特定活動」(建設・造船就労者)上記のいずれかにより在留する外国人のうち、2019年9月末までに在留期間が満了する方で、正当な理由により「特定技能1号」への移行に時間を要する方かつ、本人と受入れ機関等が許可要件を全て満た...

    続きを読む
  2. 「在留資格等不正取得罪」と「営利目的在留資格等不正取得助長罪」とは?

    平成29年1月1日施行の改正入管法により、「不法就労助長罪」に加えて新たに「在留資格等不正取得罪」と「営利目的在留資格等不正取得助長罪」という2つの罰則が設けられました。それぞれどのようなものかをみていきましょう。

    続きを読む
  3. 不法就労助長罪とは?

    「不法就労助長罪」とは、不法就労の手助けをする行為による犯罪を指し、罰則は「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」とされています。どのようなケースがあるか、みていきましょう。

    続きを読む
  4. 特定技能外国人受入れ機関の届出・報告義務とは?

    特定技能外国人を雇用する受入れ機関は、状況の報告や変更の届出をしなければなりません。

    続きを読む
  5. 雇用保険に加入していない外国人を雇う場合には「外国人雇用状況の届出」が必須!

    外国人を雇う際に雇用保険に加入する場合には、ハローワークに雇用保険の資格取得届出あるいは資格喪失届出をすることで「外国人雇用状況の届出」をしたことになります。外国人が雇用保険に加入しない場合には、オンライン申請あるいは書面でハローワークに「外国人雇用状況の届出」をしなければなりません。

    続きを読む
  6. 特定技能外国人が入国した後は?

    外国人が日本に入国したら、予め作成した支援計画に基づき、外国人が日本で安心して社会生活を送れるようにサポートします。

    続きを読む
  7. 海外にいる外国人の在留資格申請 ~在留資格認定証明書交付申請とは?

    「在留資格認定証明書」とは?海外にいる外国人が特定技能の在留資格で日本で働く場合、出入国在留管理庁に「在留資格認定証明書交付申請」をして、その在留資格で日本で働いてもいいですよ、という認定をうけなければなりません。

    続きを読む
  8. 海外にいる外国人を特定技能資格で求人するには?

    「特定技能」の在留資格を取得できる在外外国人とは?海外にいる外国人で「特定技能」の在留資格を取得できるのは、以下のいずれかの人です。

    続きを読む
  9. 特定技能外国人の求人方法とは?

    日本国内にいる外国人の主な求人方法は5つです。1.知人の紹介や口コミ、SNS等を通じて募集2.自社ホームページで募集3.ハローワーク4.職業紹介事業者5.登録支援機関(職業紹介事業者)では、1つずつみていきましょう。

    続きを読む
  10. 在留外国人、特定技能に資格変更できる?できない?

    日本国内にいる外国人は、何らかの在留資格を持っています。特定技能で雇用するには資格変更が必要です。資格変更の可能性がある外国人とは?1.技能実習2号終了者  特定技能評価試験、日本語試験が免除されます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る