ブログ

  1. 外国人の在留資格の確認を徹底しましょう!

    今朝のニュースで、「東京福祉大学の留学生1,400名が行方不明」の特集を組んでいました。https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000150179.html今後、留学ビザの審査が厳しくなってくることでしょう。

    続きを読む
  2. 第1回 宿泊業技能測定試験 2019年4月14日(日)実施

    一般社団法人宿泊業技能試験センターが、新在留資格「特定技能」で宿泊業に従事する外国人に必要な試験を実施します。願書提出期間は3月15日(金)~4月1日(月)15時です。外国人の雇用をお考えの宿泊業の方はお急ぎご確認ください。

    続きを読む
  3. 偽変造在留カードにご注意を!

    http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/kikou/pdf/190304-card.pdf入国管理局が偽変造在留カードへの注意を喚起しております。

    続きを読む
  4. 新在留資格の政令、登録支援機関の規則規定を閣議決定

    政府は3月12日の閣議で「特定技能」に関する政令を決定しました。受け入れ企業に代わり外国人を支援する「登録支援機関」について、主に以下のような内容が定められました。

    続きを読む
  5. 就労活動の制限がない外国人 ~永住者と定住者~

    永住者とは?在留期間無制限で就労制限がなく、在留資格更新手続き不要な者昭和20年の配線以前から日本に住み、昭和27年サンフランシスコ講和条約により日本国籍を離脱した後も日本に在留している台湾、朝鮮半島出身者とその子孫は、永住資格を認められている特別永住者となっています。

    続きを読む
  6. その外国人は、日本で働けますか?

    外国人の在留資格は27種類、2019年4月から「特定技能」が加わり28種類あります。就労できるか、またその範囲の定めの別により大きく3グループに分けられます。

    続きを読む
  7. 「特定技能1号」に変更予定の在留外国人に「特定活動(就労可)」付与の特例措置

    対象者「技能実習2号」「技能実習3号」「特定活動」(建設・造船就労者)上記のいずれかにより在留する外国人のうち、2019年9月末までに在留期間が満了する方で、正当な理由により「特定技能1号」への移行に時間を要する方かつ、本人と受入れ機関等が許可要件を全て満た...

    続きを読む
  8. 「在留資格等不正取得罪」と「営利目的在留資格等不正取得助長罪」とは?

    平成29年1月1日施行の改正入管法により、「不法就労助長罪」に加えて新たに「在留資格等不正取得罪」と「営利目的在留資格等不正取得助長罪」という2つの罰則が設けられました。それぞれどのようなものかをみていきましょう。

    続きを読む
  9. 不法就労助長罪とは?

    「不法就労助長罪」とは、不法就労の手助けをする行為による犯罪を指し、罰則は「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」とされています。どのようなケースがあるか、みていきましょう。

    続きを読む
  10. 特定技能外国人受入れ機関の届出・報告義務とは?

    特定技能外国人を雇用する受入れ機関は、状況の報告や変更の届出をしなければなりません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る