ブログ

2019年5月31日改定 永住許可に関するガイドライン

 新在留資格「特定技能1号」と技能実習での滞在期間は、永住許可申請の目安である日本滞在10年、うち就労資格による滞在5年以上の5年にカウントされない旨が明記されました。

 今回の改定は、外国人の受入れは拡大するけれども、新在留資格については在留期限が過ぎたら帰国してもらうことが前提で、永住外国人が増えすぎては困る、という懸念に配慮したものです。

 詳しくはこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る