ブログ

過去の入国カードは在留資格認定審査で確認されている

外国人が在留資格の認定申請をする場合、過去に短期滞在で来日した際の入国カードの記載内容を入国管理局は確認しています。

例えばコックで認定申請をしているのに、過去の入国カードには別の職業が書かれていた場合には認定不許可とされる場合があります。

その外国人が上陸させるにふさわしいかどうか、そこまで厳しく審査しています。

入国カードに限らず、入国管理局へ過去に提出した書類と新たに申請する書類の内容に矛盾があれば、必ず指摘されます。

書類を作成する際には慎重に内容を確認してから提出しましょう。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る