ブログ

訪問系サービスの特徴と指定要件

訪問系サービスとは?

 次の5つのサービスを訪問系サービスと呼びます。

 1.「居宅介護」

 2.「重度訪問介護」

 3.「同行援護」

 4.「行動援護」

 5.「移動援護」

  複数のサービスを選択したり、すべてのサービスについて指定をとる事業者が多いです。

 同じ事業所、法人で指定を取る場合は、サービス提供責任者は1名配置すればOKです。一度の申請でまとめて指定を取ることができます。

 移動支援のサービスは、利用者の住居がある各市町村で指定を行う必要がありますので、該当する市町村すべてに指定申請を出すことになります。

 介護保険法上の訪問介護(介護事業)などと併設していることもよくあります。

 

1.「居宅介護」サービスとは?

 【サービス内容】

  ①身体介護(自宅での食事・入浴・排せつ・食事等)

  ②家事援助(調理、掃除、買い物、洗濯など)

  ③生活全般にわたる相談や支援

  ④通院等介助

  ⑤通院等乗降介助

    ※介護タクシーには別途認可が必要です。

 【利用対象者】

  障害支援区分が「区分1」以上の障がい者

  障害児はこれに相当する心身状態の方が対象となります。

 

2.「重度訪問介護」サービスとは? 

  重度の肢体不自由、知的障害、精神障害により行動上の著しい困難を持っている障がい者に対し、ヘルパーが自宅を訪問し、次の事を総合的に行います。

  • 身体介護(入浴、排せつ、食事など)
  • 家事援助(調理、掃除、買い物、洗濯など)
  • 生活等に関する相談・支援や外出時における移動中の介護
  • 外出時における移動中の介護

 重度訪問介護では「移動支援」のサービスを併用して利用することはできません。

 

 【利用対象者】

  障がい児は利用できません。

  障がい支援区分が「区分4」以上で、次の①、②のいずれかに該当する障がい者が対象です。

 ①次の(1)及び(2)のいずれにも該当するとき

 (1)二肢以上に麻痺等がある

 (2)障がい支援区分の認定調査項目のうち

  「歩行」「移乗」「排尿」「排便」のいずれも

 「支援が不要」以外と認定されていること

  ②障害支援区分の認定調査項目のうち、

   行動関連項目等(12項目)の合計点数が10点以上

 

3.「同行援護」サービスとは?

 視覚障害により、移動に著しい困難を有する障がい者が外出する際に専門の

ヘルパーが同行し、次の事を行います。

  • 移動に必要な情報を提供、異動の援護、排せつ、食事等の介護
  • 外出する際に必要な援助

  【利用対象者】

   同行援護アセスメント票の調査項目に該当している方が対象となります。

   身体介護を伴う場合は以下のどちらとも満たす方が対象です。

  • 障害支援区分2以上の方
  • 障がい支援区分の認定調査項目のうち、「歩行」にあっては「全面的な支援が必要」に認定されている方

または「移乗」「移動」「排尿」「排便」のいずれかが

「支援が不要」以外

に認定されている方

(つまり、支援が必要な方のことです)

4.「行動援護」サービスとは?

 行動に著しい困難を有する知的障がい者や精神障がい者に対して、

障害の特性を理解した専門のヘルパーが、

行動する際に生じうる危険を回避するために必要な援助、

外出時における移動中の介護、排せつ、食事などの介護や必要な援助を行います。

 

【利用対象者】

知的障害又は精神障害があり、

障害支援区分3以上で、

障害支援区分の認定調査項目のうち行動関連項目等(12項目)の合計点数が10点以上である方

 

5.「移動支援」サービスとは?

 屋外での移動が困難な障碍者に対して、外出のための支援を行うことにより、

地域での自立生活及び社会参加を促すことを目的とするサービスです。

市町村で地域生活支援事業の一つとして実施しているもので、

他の訪問系サービスの指定が事業所所在地の指定権者であるのに対し、

移動支援のサービスでは、利用者の住居がある市町村ごとに指定を受ける

ことが必要です。 

 

訪問系サービスの人的要件とは?

 

必要配置人員

人数

要件

管理者

1人以上

なし

サービス管理責任者

1人以上

支障がなければ、管理者との兼任可

従事者

常勤換算2.5以上

介護福祉士、居宅介護員初任者研修修了課程の修了者

 

お困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る