ブログ

海外にいる外国人の在留資格申請 ~在留資格認定証明書交付申請とは?

「在留資格認定証明書」とは?

海外にいる外国人が特定技能の在留資格で日本で働く場合、出入国在留管理庁に「在留資格認定証明書交付申請」をして、その在留資格で日本で働いてもいいですよ、という認定をうけなければなりません。

「在留資格認定証明書交付申請書」は、所定の書式に本人の証明写真や必要書類を添付して申請します。必要書類とは、その外国人が「特定技能」の在留資格の要件を満たしていることを証明するための書類です。

外国人と特定技能雇用契約を結んだら、出入国在留管理庁に「在留資格認定証明書交付申請書」を提出し、申請します。

申請は受け入れ機関の職員等が代理で行います。

申請取次者の承認を受けた行政書士等も代理申請可能です。

在留資格認定証明書が発行された後の流れは?

証明書発行の連絡が出入国管理庁から届いたら、受け入れ機関の職員は証明書を入国管理局に取りに行きます。

受け取った証明書を外国人に送付し、外国人は証明書を持って現地の在外公館(日本国大使館又は領事館など)で、査証(ビザ)を申請します。

査証が下りたら、外国人は日本に入国します。

入国時に入国審査官は査証を確認し、在留資格を付与するかどうかを決める入国審査をします。

在留資格が認められれば、外国人に在留カードが支給されます。

成田、羽田、中部、関西、新千歳、広島、福岡空港から入国する場合は上陸許可の際に在留カードが交付されます。

それ以外の空海港では上陸許可の際に在留カードは交付せず、入国後に市区町村に届け出た住居地あてに在留カードを簡易書留にて郵送されます。

在留カードとは日本に住む外国人が常時携帯しなければならない身分証明書です。

入国審査官、入国警備官、警察官等から提示を求められた場合には,外国人は在留カードを提示する必要があり、在留カードを携帯していなかった場合は20万円以下の罰金、提示に応じなかった場合は1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処せられることがあります。

在留カードは日本に住む外国人にとって非常に重要なものです。

関連記事

ページ上部へ戻る