ブログ

放課後等デイサービス、児童発達支援サービスとは?

放課後デイサービスとは、障がい児向け学童クラブのようなもの

 放課後等デイサービスとは、障がい児の通所支援サービスです。

 6歳から18歳(就学年齢)の障がい児に対し、学校の放課後や夏休みなどの長期休暇のときに訓練や社会との交流促進などを提供することにより、児童の自立を促進させ、放課後等の居場所づくりを行います。通常クラスの児童における学童クラブにあたるものです。

児童発達支援サービスとは、障がい児や発達の遅れが気になる人の訓練の場所

 児童発達支援サービスとは、未就学(18歳誕生日まで)の障がい児に対して日常生活の基本動作指導、コミュニケーションや集団生活への適応訓練を行うものです。

 障がいの有無にかかわらず、発達の遅れが気になる人の利用も幅広く行われています。

重症心身障碍児型(重心型)サービスとは?

 重症心身障碍児が通所できる放課後等デイサービス、児童発達支援を重症心身障碍児型(重心型)サービスといいます。

 看護師や機能訓練担当職員の配置が必須となります。

主な支援サービス内容

 運動療育型      スポーツ

 学習支援型      塾

 就労準備・就労移行型 高校生向け

 従来型        支援を特化させずに療育をおこなうもの

 その他特化型     音楽療法・言語聴覚訓練など

最低定員は10名です。

人員配置基準

職種

配置数

常勤要件

備考

管理者

1人以上

 

支障がなければ、多職種との兼務有

児童発達支援管理責任者

1人以上

あり

(1人以上は専任かつ常勤)

 

児童指導員

保育士

障がい福祉サービス経験者(2年以上の実務経験)

2人以上

あり

(1人以上)

10:2※

半数以上は児童指導員または保育士(ただし、たとえば定員10名で障害福祉サービス経験者2人の配置は不可)

※利用者10名に対し、児童指導員・保育士・障がい福祉サービス経験者2名以上

関連記事

ページ上部へ戻る