ブログ

不法就労助長罪とは?

「不法就労助長罪」とは、不法就労の手助けをする行為による犯罪を指し、罰則は「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」とされています。

どのようなケースがあるか、みていきましょう。

1.オーバーステイの者を雇った場合

  密入国したひとや在留期限の切れた人、退去強制されることが決まっている人を雇った場合

2.ワーキングビザがない者を雇った場合

  観光等の短期滞在目的で来日した人やアルバイトの許可を入管から受けていない留学生等を雇った場合

3.定められた職種や労働時間に違反した場合

 調理師の資格で在留するものが倉庫で単純労働したり、留学生が許可された時間を超過して労働する場合

外国人を雇用する場合には、必ず在留カードで在留資格と在留期限を確認しましょう。

不法就労助長罪で摘発されたあとになって「知らなかった」では済まされません。

関連記事

ページ上部へ戻る