ブログ

サービス管理責任者とは?

サービス管理責任者とは、障害福祉サービスが計画通り適切に提供されているかを管理する責任者です。

 

サービス管理責任者の3つの役割とは?

 

  • 支援プロセスの管理

 地域移行や就労移行など、利用者ごとの目標実現のために個別支援計画を作成します。

 サービスの質の向上や事業の推進・効率化のため、利用者と面接などを行い、個別支援計画が適切かどうかについて調査します。

 必要であれば計画修正を行うなど、段階を踏みながら着実に目標を達成するために中心となって動くのが、サービス管理責任者です。

 

  • サービス提供職員への指導・助言

 サービス提供プロセスに関し共通目標のもと、だれからも同じサービスが提供できるよう、サービスを提供する職員に対し技術的な助言や指導を行います。

 職員に対して、コミュニケーションについての助言や、メンバーの役割の明確化、適材適所の業務配置などのチームマネージメントを行います。

 

  • 関係者や関係機関との連携

 利用者ごとの目標実現のため、必要な関係者や関係機関と連携して動きます。

 

  • 相談支援専門員その他関係機関と連携

   利用者の問題解決・軽減のために、相談支援相談員その他関係機関と連携し、利用者をサポートします。

 

サービス管理責任者の重要性とは?

 

  サービス管理責任者は、施設の障害福祉サービスのまとめ役です。

 サービス管理責任者には責任感と職員をまとめ上げるリーダーシップが必要となります。

 事業所における個別の支援計画を考え、利用者の個々の特性に気を配らなければなりません。

 

サービス管理責任者になるためには?

 サービス管理責任者になるには、次の両方の要件を満たす必要があります。

  • 一定の実務経験を満たすこと

サービス管理責任者に必要な実務経験要件

 

「相談支援の業務」及び「社会福祉主事任用資格者のある者による直接支援の業務」に従事した期間

「1号+2号の期間」≧5年

「社会福祉主事任用資格者のない者による直接支援の業務」に従事した期間

「3号の期間」≧10年

国家資格等のある者が、「相談支援の業務」及び「直接支援の業務」に従事した期間

「1号+2号+3号の期間」≧3年

かつ

「4号の期間」≧3年

 

  • 「障碍者相談支援従事者初任者研修(講義部分)」を受講とサービス管理責任者研修(共通講義1日、分野別研修2日)を修了していること

 分野別研修は、必要な分野ごとに受講する必要があります。

 各自治体により独自要件を設けているところもあり、事前確認が必要です。

 自治体により開催時期や開催回数が異なり、他の自治体の参加者を受け入れている自治体もあります。

 

 障害福祉サービスごとに必要となるサービス管理責任者の受講研修とは?

①共通講義(1日)

②分野別研修(2日)

 

障害福祉サービスの種類

「②分野別研修」の内容

療養介護、生活介護

介護

自立訓練(機能訓練)

地域生活(身体)

自立訓練(生活訓練)、共同生活援助、

自立生活援助

地域生活(知的・精神)

就労移行支援、就労継続支援(A型・B型)、就労定着支援

就労

 

サービス管理責任者の配置が義務付けられていない障害福祉サービスとは?

・居宅介護

・重度訪問介護

・行動援護

・同行支援

・重度障碍者等包括支援

・短期入所

・相談支援

 

障害児通所施設などには、サービス管理責任者と同様の者として、「児童発達支援管理責任者」が必要です。

 

 児童発達支援管理責任者が必要なサービスとは?

   ・福祉型障害児入所施設

   ・医療型障害児入所施設 

   ・福祉型児童発達支援センター

   ・医療型児童発達支援センター

   ・児童発達支援

   ・放課後等デイサービス

   ・保育所等訪問支援

   ・居宅訪問型児童発達支援

 

お問い合わせはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る