ブログ

ケアマネジャーと相談支援専門員の違いは?

ケアマネジャーとは?

 介護保険法に位置付けられた専門的な職業です。

 介護保険の被保険者が介護してほしいと思った際、そのサービスを受けられるようにサービス計画書(ケアプラン)を作ってサービス事業所との調整などを行います。

 調整とは、サービス計画書を元に具体的な介護支援方法を作成し、会議を開いて決めることで、これがケアマネジャーのメインの業務です。

 利用者一人一人の現在の状況を踏まえて、利用者が希望するその人らしい生活をしてもらうための設計図を描く仕事です。

 施設に入所する人には施設サービス計画書、自宅に住みながら介護される人には居宅サービス計画書を作ります。

 

相談支援専門員とは?

 障がいを持っている人が普段の生活や、学校や就労などの社会的生活を自立して送れるように障害福祉サービスなどの利用計画を作成します。

 地域生活に慣れるための支援や住宅入居支援事業、成年後見制度利用支援事業に関係したことについて、障がいのある人に対し必要な手助けを行います。

 

ケアマネージャーと相談支援専門員

 

介護支援専門員(ケアマネジャー)

相談支援専門員

規定されている法律

介護保険法

障害者総合支援法

主な職場

居宅介護支援事業所

相談支援事業所

主な業務内容

介護サービス計画書の作成

利用者と事業者間の調整

など

障害福祉サービス計画書の作成

住居支援事業

成年後見制度利用支援

など

資格要件

法定資格に基づく業務もしくは生活相談員等の実務経験(5年以上900日以上)

※平成30年試験実施分より

+実務研修受講試験

+研修受講

実務経験(3-5年以上)+研修

どちらの職種についても、利用者の生活をまもるために、ケアマネジメント業務の中でフォーマル・インフォーマル問わず社会の中の資源との橋渡しを行います。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る