ブログ

「脳が壊れた」鈴木大介著

 貧困や心身の病に苦しむ人たちを取材してきたルポライターが、41歳で脳梗塞を発症、見た目は普通に見えるが、外からは見えない障がいに苦しみ、リハビリや社会復帰の過程で自分を見つめ直すお話です。

 自分が脳障害を患ったことで、これまでの取材対象者の行動が腑に落ちたり、

自分の生き方が原因で脳梗塞を引き起こしたことがわかったり、本当に大切なことはなにかを悟ったりします。

 外からははっきりわからない障がいに苦しんでいる人はたくさんいるし、自分もいつそうなるかわかりません。

 私たちはみんなボーダーラインにいるのだといえると思います。

 文筆家が自分のことを書いた文章なので、非常にわかりやすく、お勧めです。

 こんな素敵な会社を見つけました。株式会社ワイズ

 後遺症のリハビリ施設の運営をされています。

関連記事

ページ上部へ戻る