ブログ

「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」栗原類著

 発達障害とは、それぞれの個人につき複数の特性が入り混じるものであること

 ある人には効果的な方法が別の人には応用できない場合があること

 筆者本人、お母様、そして主治医のそれぞれの視点から発達障害というものについて書かれた良書です。

 筆者が子ども時代に自分をいじめた相手について、発達障害の診療を受ければいいのに、と気遣う場面が印象的です。

 なんでも障がいのせいだと考えるのはどうかと思いますが、疑いがある場合には速やかに診療を受けられれば、苦しまずに済む人たちも多いはず

 自分を受け入れて、夢に向かって努力する、そんな筆者のファンになること請け合いの本です。

関連記事

ページ上部へ戻る