ブログ

「無子高齢化 出生数ゼロの恐怖」前田正子著

若い世代の支援にもっともっと投資しなければ、この国の未来はないと確信させる一冊です。老年層に比べて投票率が低いため、どうしても老人の声が政治に反映されてしまう状況です。

高齢化は目に見えるけれど、無子化は不可視のため対策は後回しになります。

失われた20年の間にどうやら取り返しのつかないことになっているようです。

これから少しでも事態が改善するように手を打つべきかと思われます。

関連記事

ページ上部へ戻る