ブログ

「悪医」 久坂部羊著 

 「がんは放っておけばよい」「自己免疫療法」など、がんについてはいろいろな情報が錯綜しています。

 自分ががんになったとき、治療せずに最初から放っておくという選択は少ないと思いますが、いよいよ打つ手がないとドクターが判断した場合、自分ならどうするか。結果的には放っておいたほうがよさそうですが、何か治療的なことを続けて生きる希望をつなぎたい、できる限りのことはやったという気持ちになりたいとその人それぞれの考え方によって選択肢は様々でしょう。

 ものごとはみる側の視点によって、まったく見えるものが違う

 見方が違う相手方とどう折り合いをつけるのか

 本当に「いい医者」とは何か

「生きる意味」を探し続ける人におすすめしたい一冊です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る