ブログ

「夜と霧」ヴィクトール・E・フランクル著

心理学者がアウシュヴィッツ強制収容所体験を綴った名著

淡々とした文章で、人間の本質、究極状態における心理が描かれています。

「収容所の日々、いや時々刻々は、内心の決断を迫る状況また状況の連続だった。人間の独自性、つまり精神の自由などいつでも奪えるのだと威嚇し、自由も尊厳も放棄して外的な条件にもてあそばれる単なるモノとなりはて、「典型的な」被収容者へと焼き直されるほうが身のためだと誘惑する環境の力の前にひざまずいて堕落に甘んじるか、あるいは拒否するか、という決断だ」

数々の名言がそこかしこにちりばめられており、繰り返し読み返す価値のある一冊といえます。

 

関連記事

ページ上部へ戻る