ブログ

「吃音 伝えられないもどかしさ」近藤雄生著

 思うとおりに言葉を発することができないということがこんなにも苦しいのだということがよくわかる本です。

 著者は海外を旅することで吃音を克服されたとのこと、この本の中には様々な方法でなんとか吃音を軽減しようと努力されている方々が登場します。

 見た目ではわからない障がいなので、周囲からは理解されにくく、世間の関心も薄い問題かと思います。吃音への正しい理解が深まれば、少しは苦しみが軽くなる方も多いのではないかと感じます。

関連記事

ページ上部へ戻る